<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
旧12月22日 「労働統計の速報について」
千葉テレビニュースの解説コメンツを聞いていて、千葉県民でなくってよかったと心底思った。

駄目だね。こりゃ。←あたま悪すぎ。
救いようが無いので、次の言もありません。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-31 21:27 | 雑感
旧12月21日 「微妙」
EDITED

特段、感想等はありません。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-30 13:54 | DESTINY
旧12月14日 「Map」
コズミック・イラの世界地図がUPされてたので(米国版公式サイト)、総集編の本買うお金がもったいない方は参考になるのではないか、と。

で、よーく見てみたら、オーブってソロモン諸島じゃないじゃん。
すいません…orz。まちがってました。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-23 23:45 | SEED
旧12月14日 「戦場への帰還」
DESTINY PHASE-15

キラ

アスハの後継者の弟であり、その理念の継承者。
“想いを継ぐ者として飛発った種”の一人として、再び行動を始める。

そんな小さな火を抱き続けるキラとAAクルーに、キラの姉であるカガリは詰寄ります。『正気の沙汰か』と。

そんなカガリにキラは『逃げないで』と優しく諭します。

2年の歳月は決して無意味ではなかった。確かに成長している。皆もキラも。


変わらないのは、どんな形であっても戦争は無くならないという現実。

その悲しい現実に、敢えて刃をもって立向かう以外に今は道は無いと艦を出したAAは、まさに大天使。
多くの人々が畏敬の念を感じずにはいられぬ存在なのです。おそらく…


ミネルバはようやく安息の時を得た感があったのですが、それも束の間、“スエズ”への転戦となります。
しかし、シンの覚醒に加えてアスランの配置により軍容は充実しましたが、ネオの登場による過酷な戦いの日々が、スエズを前にして容易に想像出来てしまえるのが悲しいですね。


次週はおはなしも一旦休息ですけど、これまでの軌跡を振り返るのには丁度よい頃合でしょう。

楽しみですわ(ラクス風)。
------------------------------------
2005.1.23
機動戦士銃自由種運命
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
enocci's salty blog
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
キオ式アニキャラ3D
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
SEEDs
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。

2005.1.25
創之介録物帳
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-23 13:46 | DESTINY
旧12月11日 「ネタ元」
SEEDとDESTINYに関してはほぼ全てココなんですけど、ちと物足りないですね。

それでも、日本語よりはマシかなーと、覗いてみるのがココなんですけど、リンク先のサイトを観てみたら日本より情報が多いのには驚愕します。

恐るべし、大西洋連邦!!!

おやすみなさい。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-20 22:45 | DESTINY
旧12月08日 「PHASE-14感想余話」
非常に秀逸な記事であると思ったのでトラックバックさせて頂きました。

ちなみにトップはこちら→S/I ファーレンハイト212


想い、そして、伝えたい事を丁寧に文章にまとめ上げておられる素晴らしい構成力と語彙の豊富さ、DESTINYと言う作品に対しての鋭い考察力があふれ出んばかりに綴られるその文体の爽やかさに、しばし吸い込まれるようでした。

わたしなんぞいくら考えてもこれだけの想いを文章に書き起こす事、まず不可能なんではないのか、と、少し自己嫌悪してしまいそうですが、でも、似たような想いを抱いておられる方のかなぁ、と、感じずにはいられませんでした。

違っていたらすいません。

勝手トラバですが、ご了承くださいませ。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-17 19:54 | DESTINY
旧12月07日 「トダカ1佐」
かっこよすぎなんですけど…。

“頼むぞアークエンジェル。カガリ様とこの世界の末を…”

まさに


SEEDでのキサカ1佐のよーに、オーブ軍は優秀な人材に恵まれていますね。

キサカ1佐ともども、今後の展開の中であらためてご登場願いたいです。

ところで、クサナギはどーなったんだろーか。エターナルも…。

まー、宙にいるんだろーけどね。

くぅぅー、しっかしオーブ…。いい味出してますな。素敵だ。
あーウズミさまぁー!!!あなたは何故逝ってしまったのですかーぁぁぁ。

なーんて思いながら、「暁の宇宙へ」をまた観る。←何度目になるのかわからん。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-16 16:04 | DESTINY
旧12月06日 「明日への出航」
DESTINY PHASE-14

チキン肌です。久しぶりに。


かっこ良すぎるよー、キラたん…。
かっこ悪すぎるよー、ユウナくん…。

三度変えるキラの軍服に、思うものがいろいろ出てきました。

さぁ、面白くなってきました!


今日は「ジパング」があるので、今話についての思う事は、後にします。

-------------------------------------------------------------
昨日は朝からノリノリの1日。まずは準備体操よろしく13話を確認!。
合間をみて禁断の2chねらーに変身!←約1時間…。

さぁーOKと気合を入れるも、ここで「ケロロ」と「剣心」、「」で一息。

午後。ネッカラで「暁の車」他を熱唱!!!←約2時間。

さて、14話。
オーブって楽園なんですね。ハウメアの守り給うソロモンなんですから…。
カガリの手紙が思いっきり日本語で、しかもそれを読めるキラたん他の通常会話での言語がひじょーに気になる…。ついでにお約束ですが道路も左側通行。

オーブ正規軍の軍装を纏うAAクルーとキラたん。そのオーブ軍の僚機である攻撃機に手を掛けてしまうのだから、何ともやるせないじゃーありませんか。
ここでオーブ軍離脱フラグっぽい。

しかも、AA、こんどは潜水しちゃいます!!!
宇宙から空中へそして宇宙へ、そんで海の中へ。もう無敵の万能艦です。
でも、実際に宇宙艦の航行設定は潜水艦の航法に近いので、何でもアリのDESTINYでは面白いかも、なーんて思ったりもするし。

バ隊長はこの様子だとムラサメにでも乗るのか?←とっても気になる。
キラママの“帰ってくる場所はここ”ってのも何かの暗示っぽいし。

私は、こーゆー話の流れ方が好き。もう、どーにでもなれ。とにかく最後まで付合うから…

そー思った。
------------------------------------------------------------
2005.1.16
機動戦士銃自由種運命
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。

2005.1.17
創之介録物帳
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
S/I ファーレンハイト212
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
キオ式アニキャラ3D
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。

2005.1.18
新ちぇりーぶろぐ
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
enocci's salty blog
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
キオ式アニキャラ3D
さまからトラバって頂いてしまいました。ありがとうございます。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-15 19:00 | DESTINY
旧12月05日 「マ」
年末年始に取り溜めしてたアニマックスを観始めました。

中でもG1stの映画版は楽しみにしていたので久しぶりの重箱の隅をつっつくよーな細かい鑑賞を実施したんですけど、その中で気になったのが、「」でした。

エンディングのスタッフロールの中でのマクベ大佐役、CVの故・塩沢兼人さん。

出てきたのは「」。

なんじゃぁ、そりゃ…。


よくよく調べてみたら、マクベさんって、「マ・クベ」さんなんでつね…。
知らなかったよ…orz。

映画版とTV版では設定もCVも変更されている点がいくつもあるのは憶えていたけど、じっくり見るとかなーり変えちゃってるトコが多い…。わたし的には“何なのソレ?”って感じなんですけど、そのヘンの事情は当時も今もあまり変わらないんですね。

因みに塩沢さん、大好きです。今でも。
お亡くなりになった時、すぐ近くに住んでいたので、ご自宅の側から密かにお悔やみしてきました。

「ぶりぶりざえもん、ありがとーねー」って。

…。

まだ、逝かないで欲しかったと、思った。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-14 19:39 | アニメ
旧12月04日 「帝家」
まだ、この世界には数多くの王家と帝家があまたありますよね。

一番とっつきやすい身近な帝家は、日本の天皇家なんですけど、要不要の考え方はともかく今のところ存在している『皇帝家』って日本しかないんですよね。

それでも、帝位を放棄しているけどその復活なり相続を求めている帝家って意外とあります。

まず、ボナパルト家。そんで、ハプスブルグ家。ホーエンツォレルン家。ロマノフ家。ブルボン家。あと、英国の王家も帝家になりますかね。旧大英帝国の復活を目論むのなら…。

大穴では、エチオペアのサラシエ家なんかも帝家だし、ペルシャのサファビー家や、中華の愛新覚羅家も、おそらくまだ帝家の様を成していると思います。

ここで、何が言いたいのかっつーのは、結局、帝王候家をはじめとする古っくさい帝国主義に起居する思想とか行動とかが、これからの階級社会で復活して来るんじゃーないかと、思ったりするんです。18世紀から19世紀の終末の如く…。

まぁ、根拠は極めて希薄なんですけど…。

そんなことを思いつつ、わたし的な考え方ってーのは、極めて超保守的な懐古主義に基づく社会主義的思想なんですよねー。今更ではあり得ないかもしんないけど…。

それでも、その考え方ってーのが正しいのかそうでないのか、なかなか回答を得ることは困難だし、そーしよーとして行動しても出来るコトって復古主義反動くらいしかないんだから、現在の状況では全くの妄想になっちゃうよね。

よーは、何が言いたいのかつーのは、わたしにとっての今後の世界って、資本主義思想に礎を置いた、修正資本主義の社会主義世界を欲しているのではないかなー、と。

そんで、且つ、帝位とか皇統なんかを重視した懐古主義思想の持ち主なんだろーなー、と、かなり前から思っとります。

なので結局は、ただの古臭い人間なんだなー、と。

ま、よーは、王子様とかお姫様の存在する世界にシンパシーを感じてるんですよって、事なんですけど、文字ではなかなか上手く表現出来ないですね。

まどろっこしくってごめんなさい。

今日の戯言でした…。
[PR]
by moon1307 | 2005-01-13 00:31 | ニュース・評論