旧10月18日 「皇籍復帰問題」
さきの大戦での敗北後、間接統治による占領政策の一環として連合国軍総司令部からのほぼ“指令”に等しい形で臣籍降下(当時、現在の表現では“皇籍離脱”)された各宮のうち恒徳王殿下(竹田宮)系統の継嗣にあたられる恒泰氏がこの問題について自著の中で意見を表明されるようだ、との報道。

旧皇族は皇籍復帰の覚悟を 竹田家男性、宮家の役割著す@asahi.com

内奏すらろくにしない宰相がこの問題について何らかの明確な意思を持っているのかいないのか全く解らないし知らないし知りたくもないし、自分イズナンバーワン総理だからこういった自重されてはいるが非常に重い意見なんかでもスルーなんだろうな、きっと。それとも敢えて黙殺か? それにしては靖国だの何だのと相変わらず笑わせてくれるよね。

まー、選んだヤツらがいるんだから仕方ないけど。


基本的には皇籍復帰には賛成。でも、女系による皇位の継承という新しい制度の確立についても反対する理由はない。ただ女系皇統が生じることとなれば場合によっては皇父がぱんぴーになるかもしれないから相応の制度が必要になってくるので(貴族制度の復活とか)安易に出来るのか? と、逆に問いたくなる。そのヘンは考えてるんだろーか……。


もう、これは懐古だとか復古とかじゃぁ語れない次元になってきていると思う。それが時代とその時代の人々の要請なのなら止むを得ない、けどね。

でもヘタすると自らすすんで絞首台への階段に足をかけ始めているんではなかろうかという疑念を持つ慎重さがあって然るべきだとも思うんだけど如何なもんでしょうか?
[PR]
by moon1307 | 2005-11-19 22:31 | 雑感
<< 旧10月19日 「BLOOD+」 旧10月15日・望 「月のランプ」 >>